読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同居人が心臓病になりました。+義母が末期がんという事が昨日わかった。

同居人が2016・秋に心臓の病気と診断されました。そして義母が2017・3月にいきなり末期がんとなったヨメの記憶のための記録。

義母、固形食を食べる

私が行った日に、普通食がでて、食べたと。それもハンバーグだったのに食べたというので驚いた。義母は小さい頃にお肉は食べられなくなって、もう何十年もお肉を食べたことはなかった。それなのに、ハンバーグを食べたなんて!!?自分でもびっくりしたなんて言ってたけど、そんな話をしていたのに、急に戻してしまって。それもいつもの容器がなくて、とっさにそこにあったビニール袋を口に当ててワタシがおさえて、でもどんどん何度も戻してしまって、あわててナースコールをしたけど看護婦さんがゆっくりきてどうしました~ってベッドの足の方からテーブル越しに眺めている。

私がおさえている大量の吐しゃ物でこぼれそうなビニール袋をみながら、「落ち着いたかな、落ち着いたら着替えるから、あーそれ(ビニール袋)もらいますよ」って手を延ばすだけ。いままですごい優しかったのに、なんなのこの態度??と思いながら「すみません」と言って袋を渡したけど。

着替えは看護師ではない人が手伝ってくれた

その人は優しかった。なかなか転院しないから冷たくなったの?最初はとても優しかったのに・・・そんなことはないのかな、疲れていたのかな・・

その夜も、寝ていて戻してしまって義母は気づかず隣のベッドの人がナースコールをしてくれたそうで、次の日に孫がお見舞いに行ったときは個室に移っていた。